火曜日

【出産間近】お腹の赤ちゃんを下げる方法【臨月】


赤ちゃんが下りてくることで、自然な陣痛がやってきます。

出産日が近づくと、定期検診で「もっと動いて!」と言われるプレママさんも多いのではないでしょうか。

お産が近づけば赤ちゃんは自然と下がってきますが、それを手助けする方法アレコレを集めました。

お腹が大きくて転倒しやすく、疲れやすい時期でもありますので、くれぐれも無理は禁物です。

(過去記事を加筆・修正しました)


歩く(散歩)

目安は30分~1時間程度。

外へ出られない場合は、家の中を歩きまわってもOKです。

立つ

重力で下がりますから、直立姿勢を取り続けるだけでも効果があると思われます。

スクワット

10回で効果があった、という話もあります。

お腹が特に大きい時期ですので気をつけて行ってください。

階段上り下り

下りるほうが効果的なようです。

手すりを持って、転げ落ちないようにしてください。

あぐらをかく

足の裏をくっつけます。お産の時に足を開く練習にもなります。

雑巾がけ・風呂掃除

かかんで作業をすることで、お腹が刺激されるようです。

浴室では、足を滑らせないように、くれぐれもご注意ください。

安産のお茶を飲む

赤ちゃんが「下がる」のかどうか、わからないのですが、「安産のお茶」と呼ばれるものがあります。

私も買って飲んだりしていました。→レポ記事:妊婦さんにおすすめの飲み物 ラズベリーリーフティー

陣痛促進のツボを刺激する

合谷(ごうこく)と三陰交(さんいんこう)が、陣痛促進のツボと言われています。

「(自分で)押したら、すぐに陣痛が来た!」というママも。

参考 さいとう出張治療師|陣痛を促進するツボ 8 特効ツボ

※素人がやるのは危険かもしれません。くれぐれもご注意ください。

最後に

すぐに3~4センチも下りてくるわけではありませんので、根気強く行いましょう。

すぐに効果が出なくても落ちこまないでくださいね。

検診では結果が出なくても、体を適度に動かしておけば、お産の時には必ずプラスになります!

妊娠9カ月の妊婦さんにオススメ記事

(初回投稿 2013年12月16日)

プレママ全員プレゼント新着情報

応募できるのは妊娠中の今だけ!
お得な情報をもっと見る

妊婦さんモニター新着情報


マタニティモデル募集情報


マタニティ大規模イベント情報

もっと見る
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事