火曜日

【続き】テアトルアカデミーのオーディション体験記


この記事には前編があります。

前の記事 → テアトルアカデミーのオーディション受けてきた

個別審査(面談)

番号順に名前が呼ばれて、10組がスタジオへ入ります。ママだけでなく、連れのいる(パパやおばあちゃん)方もいます。

赤ちゃんモデル指導をしている方が、この後どんな審査を行うのか、説明をしてくれます。

テアトルアカデミーの赤ちゃんモデル部門は発足して10年。仕事の依頼はずっと変わらずにあるそう。

発注元からは、テアトルに頼んでおけば安心、と信頼が生まれているらしい。

素材を見るので、赤ちゃんが寝ていても泣いていても大丈夫!とのこと。

(泣いてても寝てても審査の順番は変わりません)

おむつ交換・授乳の場合は、順番変更が認められるそうです。

鏡に添って、3つのスペースが区切られています。


ここで、カメラマンと書き取りをするスタッフさん2名に質問されて、簡単な質問に答えます。

その間、ビデオに撮られます。これがビデオテストだそうです。本格的なカメラでした。

質問されたこと

  • 場所みしり、人見知りはどうか?
  • ママは、どういう仕事をさせたい?
  • 子供の意思が出てきて、新しい仕事に挑戦したいと言ったときはどうする? 応援する?


他には、こんなことも聞かれました。
  • 今日は機嫌がいい?
  • どういう場所で遊ばせてる?
  • どんなことをして遊んでいる?
  • 今は何ができる?(たっち、ハイハイ)
  • 最後は、バイバイしてお別れ。


5分程度だったでしょうか。

順番が来るまで、同じスタジオの後ろで待ちます。他の人の質問も聞こえます。

オーディションを受けているのは、5ヶ月の赤ちゃんが多かった気がします。

もう少し大きくなると、人見知りが始まっちゃうし、チャンスも少なくなるからなんでしょうね。

暗いスタジオでカメラテスト

10組の個別面談が終わると、スタジオを出て、階段をのぼって1階へ。

ソファに座って、5分ほど待ちます。

呼ばれて、5組ずつ(赤ちゃんと保護者1名のペア)、照明を落とした部屋のなかへ入りました。

前の組が審査を受けているのを見ながら待ちます。5分程度でしょうか。


審査員は5人、鏡の前にママ達が座る椅子が並べられていて、スポットライトが当たります。

審査員の後ろにはカメラ(テレビ撮影に使うものだと思う)があり、今質問を受けている赤ちゃんを撮影しています。

1人ずつ、マイクを向けられました。

マイクを向けるスタッフさんは、ぬいぐるみで赤ちゃんをあやしてくれます。

ママが名前を言い、赤ちゃんのアピールポイントを言います。

質問を待つよりも、積極的にママが売りだす感じでしょうか?

「かわいいとよく言われるので」「知人にすすめられるので」「よく笑う子だから」→「オーディションを受けました」と言う方が多かった。

1人当たり、2分ぐらいです。
1~2つぐらい質問もされます。

全体を通して

この2つのテストで合否が決まります。採用でも不採用でも通知は来るそうです。


スタッフさんがすごく親切。にこやか。子供達に話しかけたり、手をふったりと、いろいろコミュニケーションを取ってくれます。

なので、最初は緊張している子も、だんだんと場所に慣れていくんじゃないかな。

同じくらいの子がたくさんいて、ママさんもいっぱいいるので、それだけで、うちの子は楽しかったようです。子供には遊びの広場みたいに思えたのかな。

他のママさんに冷たくされるのかな~とちょっと心配だったけど、そんなことはなく、ちょっとお話したりもしました♪

こういう体験は今しかできないですね。

私自身もオーディションなんて初めてですから、良い経験になりました。

↓オーディションはこちらから申し込めます。
30年の信頼と実績を誇る
都内最大手の赤ちゃんプロダクション


さらに後日談…
結果発表は どのくらいで出る?
赤ちゃんモデル無料オーディション合格したら届いた物

テアトルアカデミーの一部レッスン内容についてはコチラ
さまぁ〜ずの神ギ問が密着取材!赤ちゃんタレントのオーディション内容は? 選ばれるポイントは?
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事