水曜日

アンパンマンフェスティバルへ行く前に読んでみて。わが家の体験レポート


先日、アンパンマンフェスティバルに行ってきました。


覚悟はしていたのですが、予想をうわまわる大盛況。

とっても混んでいました。

オープン前の10時ちょっと前に到着し、会場を出たのは3時ごろ。(イベントは5時までやっています)

すべては回りきれなかったので、行ってきたもの・見かけたものだけレポートしますね。

チケットを買いすぎて後悔

イベント開始は10時から。チケットはその前から販売されています。

発券機(地下2階)の前に列ができていたので、あせって多めに購入してしまったんですが、これは失敗。

先にも書いた通り、混雑しているので、どのアトラクションも並びます。

体力・時間的に、こどもと私の二人で、たくさんのアトラクションを攻略することは無理でした。



チケットは払い戻しできない・当日限り有効なので、余らせないためにも、余分に購入するのは控えたほうがよさそう。

発券機は場所によって混雑の具合がまったく違います。

地下2階には、発券機が2箇所。
1階には、1箇所。(ここは、いつも空いているようです)
2階には、2箇所あります。

発券機で使える紙幣は千円札のみ。両替機が近くにある発券機と、そうではない発券機があります。千円札をあらかじめ用意しておくのがおすすめ。

アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」

ストーリー体験型のアトラクション。


入場料は一人1000円。1歳以上からは有料ですので、母子で入場すると1回2000円。高いです…。

途中での入退室はできません。おむつはずれしているお子さんは、先にトイレを済ませておきましょうね。

アトラクション内は撮影可能。一部では動画撮影もできます。

10時台は10分待ちくらいで入場できました。(午後からは1時間待ちの列ができていました)

小学生以下は、非売品のあかちゃんアンパンマンマントをもらえます。


アンパンマンミュージアム&モールのゲームコーナー「アンパンマンカーニバル王国」のゲーム(1回800円)に参加するともらえるマント「なかよしマント」と同じシリーズのもの。

アンパンマンカーニバル王国★しょくぱんまんなかよしマント
リンク先はしょくぱんまんですが、あんぱんまん・あかちゃんまんなど、たくさんの種類があります。


マント代800円と思えば、入場料2000円は高くない…?(⌒-⌒; )

アトラクションの詳細は写真もたくさん載せているので別記事にしています。

どうしよう…??と迷っているかたは読んでみてくださいね。

記事はこちら
入場料の価値はある…?アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」詳細レポ

おもちゃパーク

アンパンマンおもちゃで遊べる無料エリア。靴をぬいで上がります。


入り口にはベビーカーを置けるスペースがあります。


エリア全体に、このようなジョイントマットが敷き詰められています。

11時で、すでに大混雑。


壁際・窓際のソファは空いていたりもするので、親は休憩しながら子供の様子を眺めて入られます。


DSソフト「あいうえお教室」が3台展示されており、遊ぶことができます。




記念撮影ができるアンパンマン列車。車掌さんの帽子もあります。これにも列ができているので並びます。10分くらい並んだでしょうか。ときどき、列がないときもあります。

カメラマン役をしてくれるスタッフさんが常時いるようです。


四国を走っているアンパンマン電車の模型があります。


授乳室

個室式で3つあります。

使用したい場合には、スタッフさんに申し出ます。(男性スタッフだった時もあって、ちょっと気恥ずかしいかも…)

いつも満室のようで、授乳室を待つ列もできていました。

サンプル配布

ソーセージ2パックとgoonの紙おむつ(パンツ・Mサイズ)をもらいました。

おむつはサイズが違うのでお断りしました。


ソーセージは1パックだけ配った方がたくさんの人がもらえると思うのだけど…(と帰ってから思った)

ランチを終えてから、おもちゃパークへもう一度遊びに行った時には終わっていました。

サンプルではないですけど、スマイルプラス(アンパンマン文具)の非売品シールをもらいました。



ときどき出没する着ぐるみ

会場内でたまーにキャラクターを発見しました。


いつも移動中で、かまってもらえず…

時計台の前の道でグリーティングしていたのを、おもちゃパークのガラス越しに見ました。

アンパンマン迷路


これがバイキン城らしいですよー。(天才発明家のバイキンマンが見たら怒りそうな出来栄えだね、なんて思っても言わないよ)


上から見たところ。

 迷路の外側にも、キャラクターの絵が飾ってあります。

このアトラクションは、こどもの料金のみでOKでした。500円のみ。


11時台、10分間ほど並びました。

入り口で撮影スポットがあります。




そんなに迷いません。

出口のところで特典のなまえシールをもらいます。


ワークショップ、休憩所(無料)

ワークショップでは、折り紙、似顔絵で遊べます。おもちゃパークに比べると、それほど混雑していませんでした。


アンパンマンの折り紙絵本を見ながら、おりおり。

休憩所(テーブル席)は11時半ごろから、だんだんと席が埋まっていく様子。

ランチ休憩

汐留シティセンターでお昼ご飯を食べました。


いろいろなお店があります。

12時からオフィス勤めの方々が出てくるので、12時前に入店するのが必勝法です。

2階の洋食バルというお店にて。



4種類から選べるお子様ランチ。


オムライスにしました。880円です。

ここのお店は子供イスもあるそうです。

カウンター席以外は広めの席が多い印象で、ゆったり食事できました。

ローストビーフ丼 950円(飲み物・サラダ付き)

アンパンマンふわふわ


中に入って遊べる遊具です。

13時前ですでに1時間待ち…。あきらめました。

なかに入れるのは、5分間だけだそうです。

おそらく大人はいっしょに入れないので、ここも500円で利用できそうです。

アンパンマン縁日


ここも混雑しています〜。

ゲームができるほか、食べ物(ポップコーン・わたあめ)も売っています。おめんやバルーンも売っています。

ポップコーン

人が並んでいる時と並んでいないときがあります。並んでいると、けっこう待ちます。




醤油バター・チーズ・ソルト・カレーの4種類から選べます。

現金での支払いOK。

わたあめ

見る限り、いつも空いておりました。

現金での支払いOK。

けっこう大きめ。おまつりの縁日で売っているようなヤツですね。


ポップコーンの横にテーブル席が2つあって、そこで食べられます。ゴミ箱もあります。

人形すくい

30分ぐらい待ちました。

ビニールプールに人形が浮かんでいます。



金魚すくいのポイですくうため、けっこう難しい。

ただし、すくったとしても、持って帰れるのは4体まで。


キャラクターの種類は、アンパンマン、こきんちゃん、どきんちゃんと…全部はちょっとわからないのですが少ないようです。4種類くらい?

アンパンマン人形の数が圧倒的に多く、順番によっては、アンパンマンの人形しかない場合もありえます。


ヨーヨーつり、人形すくいなどのゲームは、途中で中止になったりもするようです。景品がなくなっちゃうのかな?

参加賞としてマグネット(左)をもらえます。


右がすくえたアンパンマン人形です。

フォトグリーティング

アンパンマングッズを持ってるから無料でできる!(平日限定)と思って、いちばん先に行きました。

そしたら長蛇の列!! オープンしたての時間なのに〜

残念ですが、あきらめました。

最初のひとは何時から並んでいたのかな…

12時ごろには受付を終了していたようです。

最後に

お金たくさん使っちゃいそうだなーと思っていたのですが、

どこも混雑しているので、結果、あまり使わず…

むしろ、先に購入していたチケットを、どうしたら消化できるの?と困っちゃいました。(我が家の場合は、わたあめ)

並ぶことが多く、野外で屋根もない場所がほとんどですので、帽子は必須です。水分補給もして、熱中症にはくれぐれもご注意ください。私は、人形すくいで並んでいる時、ちょっとクラッとしちゃいました。

ベビーカーで回れない場所もありますので、抱っこ紐はぜひ持参で。


以上、わが家のグダグダな一日体験をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

行くときの参考にしてもらえたら幸いです。わたしよりも上手に回ってくださいねー!

すごく疲れたし、アンパンマンミュージアムの方が楽しかったよー!もうー!!と思ったりもしたけど、こどもが喜んでくれたのだけが救いです…(T ^ T)

場所が日テレタワーなので、アンパンマンフェスティバルが混雑しすぎているな、と思ったら、気持ちを切り替えて別の場所を見に行くのもアリでしょうね。

参考 汐留の日テレタワーを満喫!絶対に失敗しない楽しみ方を紹介|東京ルッチ

アンパンマンフェスティバルのイベント概要はこちら
入場無料「それいけ!アンパンマンフェスティバル」初開催


アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」の内容が気になる方は下の記事もチェック。
入場料の価値はある…?アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」詳細レポ

関連記事

スポンサードリンク

開催が近いイベント

他サイト新着記事

スポンサードリンク