金曜日

入場無料「それいけ!アンパンマンフェスティバル」初開催【更新】

1988年10月3日は、日本テレビではじめて、アニメ「それいけ!アンパンマン」の放送が開始された日。

10月3日は「アンパンマンの日」なんです。

アンパンマンミュージアムにて

こどもたちに長く愛されてきたアンパンマンの記念日フェスティバルが、汐留・日本テレビにて初開催。

イベントの詳細が公式サイトでアップされています。

毎日ステージショー「かなえて!ゆめのダンスショー」が開催されるそうです。

入場無料ですが、有料のアトラクションが多いので要注意。

このイベントに行ってきました。
混雑具合やアトラクションの詳細など、写真付きで別記事にレポートしています。
▽▽▽
アンパンマンフェスティバルへ行く前に読んでみて。わが家の体験レポート

バイキン城から脱出しよう!

1階の大屋根広場には、アンパンマン迷路が登場。
【料金】1人500円

おもちゃパーク☆アンパンマンのおもちゃで遊ぼう!(無料)

いろんなアンパンマンのおもちゃで遊ぶことができます。
床にはジョイントマットが敷いてあるので、赤ちゃんでも安全に遊べます。

併設されたスポンサーブースでは記念写真を撮ったり、おすすめの商品を試してみることができます。

フォトグリーティング

アンパンマン、ばいきんまん、ドキンちゃんの3人と持参のカメラで記念写真が撮れます。
もれなく、オリジナルデザインの特製フォトフレームをプレゼント。

【入場料】1人500円(1才未満無料)

ストーリー体験型アトラクション 「ぼく、アンパンマンです。」

「ぼく、アンパンマンです。」はアニメ放送第1,000話のメモリアルストーリー。
霧のフォグスクリーンに映る不思議な映像を見たり、デジタル遊びでかびるんるんをやっつけたりするアトラクション。

小学生以下にはオリジナルのあかちゃんアンパンマントをプレゼント。
【入場料】1人1,000円(1才未満無料)

どんな内容だったか、こちらの記事で体験記をアップしています。
入場料の価値はある…?アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」詳細レポ

アンパンマンスタンプラリー

会場内にある4つのスタンプを集めます。全員にオリジナルサンバイザーをプレゼント。
【料金】500円

アンパンマン縁日

わたあめやポップコーンといったおいしいオヤツを販売するほか、ヨーヨーすくいやキャラクター人形すくい、輪投げなどのゲームブースがあります。

ゲームブースで成功すると、豪華賞品が当たるガラガラ抽選にチャレンジできます。

ゲームブースに参加すると、もれなく「アンパンマンFAN CLUB」のマグネットをプレゼント。
【料金】各ブース 1回500円

平日特典

10月3日(月)から7日(金)までの平日限定で、土日祝日にはない、2つの特典があります。

おトクなセット券

500円のアトラクション利用券が5枚で2,000円で購入できます。

アトラクション利用券は、「ぼく、アンパンマンです。」(※2枚必要)、フォトグリーティング、アンパンマン迷路、スタンプラリー、ふわふわと縁日の各ブースで利用可能。

コスチューム・デー

アンパンマンたちのグッズを身に着けて来場した小学生以下は、フォトグリーティングが無料になります。

Tシャツなどの洋服や、靴、バッジや髪留めなど、アンパンマンのなかまたちのグッズならなんでもOKだそう。トライしやすいのが嬉しいですね。

開催日

2016年10月3日(月)から10日(月・祝)

対象

子育て中の親子

参加費用

入場無料
(一部有料ブースあり)

場所

日テレタワー(東京都港区東新橋1丁目6-1)

最寄り駅

JR線・銀座線・浅草線「新橋駅」

詳細・お申し込み

http://www.anpanman.jp/fes/


※注意※
イベントは、主催サイトを、ご自身で確認された後にお申し込みください。気をつけていますが、当ブログの情報が誤っている可能性もあります。

(初回投稿 8月16日)

行ってきました!

どんな雰囲気だったか、どんな混雑具合か、別記事にアップしています。参考になれば嬉しいです。

こちら
アンパンマンフェスティバルへ行く前に読んでみて。わが家の体験レポート


アトラクションの体験記はこちら
入場料の価値はある…?アトラクション「ぼく、アンパンマンです!」詳細レポ


スポンサードリンク

開催が近いイベント

他サイト新着記事

スポンサードリンク