雑誌の赤ちゃんモデルはどうやって選ばれる? ベビモのオーディション


かわいい赤ちゃんの表紙が目をひく育児情報誌「Baby-mo(ベビモ)」

表紙モデルをつとめる赤ちゃんは、芸能事務所から派遣されているのではなく、一般公募から選ばれています。



毎号開催されているベビーモデルオーディションの様子を、本誌2019年春夏号で明かしていました。過去雑誌なので手に入りにくいかもしれません。その一部をご紹介します!

書類選考

Baby-moの応募シートやウェブサイト「Milly」からのエントリーを合わせて、2000ほどの応募があったそう。

編集部総出でひとつずつ応募をチェック。

書類選考通過ベビーは5名

男の子(生後4ヶ月)
女の子(生後5ヶ月)
男の子(生後6ヶ月)
女の子(生後7ヶ月)
女の子(生後9ヶ月)

2018年夏秋号のベビーモデルオーディションでは17名が一次合格していましたが、今回はぐんと減って5名。

号によって、通過する人数にはばらつきがあるようです。

今回は全員、関東在住

全国から応募があるので、遠方から合格してやってくる方もいますが、今回は関東地方ばかりでした。

神奈川3名
千葉1名
茨城1名

撮影選考(都内スタジオ)

書類選考に合格した赤ちゃんのみ、カメラテストが行われます。プロカメラマンが撮影している間、ママは近くで様子を見守れます。

まだまだお出かけに慣れない赤ちゃんや、大きなカメラや慣れない雰囲気で大泣きする子もいるので、その子に合わせて撮影が進みます。

撮影選考通過は2名

生後4ヶ月の男の子と、生後9ヶ月の女の子が残りました。

どういう基準で選ばれたのか、本誌にはハッキリ書かれていないのですが、赤ちゃんごとの紹介コメントを見ると

すっかり慣れて、最後ははいはいで会場内を探索
大きなカメラが近づいてきても、まったく動じませんでした

とあります。

今回の表紙は、近藤千尋さん&ジャングルポケット太田博久さんと一緒の撮影でした。ママやパパではない、初めて会う人たちに抱っこされても笑顔でいられるかどうかが基準だったのではないでしょうか。

特に今回は、めずらしく、男性の太田博久さんがいました。

女性の前ではニコニコごきげんでいられるけれど、男性を怖がって緊張してしまう赤ちゃんはけっこういますよね。うちの子もそのタイプでした。

最終選考(伊豆ロケ)

ベビモの場合、最終選考で表紙に使われる写真を撮ります。

春夏号ですが、撮影はもちろんそれより早く、冬に行われました。当日は寒空だったようです。

ロケ後日、編集部でどの写真が良いか話し合って選ばれます。

どちらの子が表紙になるかは、発売まで分からない…?!

生後9ヶ月の女の子が表紙モデルに選ばれました。

実際の家族のように見える一枚です。


表紙以外にも赤ちゃんモデル活躍ページはたくさん

表紙モデルは狭き門ですが、誌面には一般公募の赤ちゃんがモデルとして活躍する企画が多数あります。

ベビモ編集部では、常に、かわいい赤ちゃんを探しています。表紙オーディションをきっかけに、他の企画に声がかかることも。




紹介した雑誌はこちら

オーディションの様子が全部知りたい!という方はぜひ本誌でチェックしてくださいね。

最新号ではないので、書店では手に入りにくいと思います。古本屋または電子書籍での購入がおすすめです。


Baby-mo (ベビモ) 2019年 04月号 [雑誌]

赤ちゃんモデル応募はこちら

本誌にはモデルエントリーシートが付いています。
Baby-moベビモ読者モデル募集

ウェブサイトからも応募することができます。
ネット応募可!Baby-moベビモ赤ちゃんモデル

▽同時に、他の募集にも挑戦したい方はこちら▽
赤ちゃんモデル募集情報キッズモデル募集情報(1歳以上)

あっという間に過ぎ去るベビー期…
チャレンジはお早めに!


NEW! 赤ちゃんモデル募集

スポンサードリンク
スポンサードリンク

新着情報 配信中!


SNSをフォローすると、
新着・更新情報が届きます。

開催中・間近イベント

QooQ