必要十分な、シンプルなベビーベッド「キホン」新発売

t f B! P L


創業96年の歴史を持つ子ども用家具専門メーカー・株式会社大和屋。

販売20周年を迎えた子供の成長に合わせて使える「すくすくチェア」や、はじめての自分家具「ノスタ」など、ベストセラー商品がたくさんあります。



2020年12月21日(月)に、必要十分な基本のベビーベッド「キホン」を新発売しました。

余計な機能や装飾は省き、必要な機能だけを徹底的に使いやすく、という考えのもと誕生したベーシックな製品です。

暮らしに合わせて高さを変えられる

脚フレームで3段階、床板で2段階。計6段階の高さ調整が可能です。

立ったまま、椅子に座った時、床に座った時など、おうちごとの暮らしに合わせて調節できます。


床を有効活用する日本ならではの生活スタイルのことも考えられているので、赤ちゃんがベビーベッドで寝ているときも近い目線でいられます。

こだわり抜いたシンプルさ

必要最低限だからこそ、必要な機能がしっかりと備わっています。



あやしたり、おむつ替えする時の身体の負担も減らせるスライド開閉式の扉付き。

  • 床板は通気性の良いすのこ
  • ちょっと移動したい時にも便利なキャスター付き
  • ベッド下の収納可能スペース

シンプルな機能だからこそ組み立てやすいことも利点の一つです。

断捨離に次いで、ミニマリストなど、シンプルな暮らし方への注目が集まり続けています。「すっきりと暮らしたい」「余計なものは必要ない」という現代のひとつの考え方にも合うベビーベッドですね。

選べる2サイズ

レギュラーサイズ「キホン ベビーベッド」(床板サイズ120×70cm)と、ミニサイズ「キホン ミニベビーベッド」(床板サイズ90×60cm)があります。


ベビーベッドの新しい安全基準に対応

「乳幼児用ベッド」は消費生活用製品安全法第2条第3項で規定する「特別特定製品」 に定められています。

SG基準に基づき、適合性検査を受けて合格した商品のみが、PSC・SGマークを貼ることを許可されます。

その基準が2020年11月に改定され、それ以前の基準に基づいたベビーベッドは新たに製造することができなくなりました。

「キホン ベビーベッド」と「キホン ミニベビーベッド」は、その基準を満たすように開発されました。

商品開発にあたっては、安全基準を満たすだけでなく、子育てファミリーの住まいの環境や、子どもとの暮らし方、ベビーベッドそのものを考えなおしたそう。

製品概要

サイズ:約幅132× 奥行き77× 高さ80、93、105 ㎝、約幅102× 奥行き67× 高さ80、93、105 ㎝ ※
本体重量:約14 ㎏、約12 ㎏ ※
対象年齢:新生児〜24 か月以内
素 材:天然木(パイン材)、化粧合板 

※ミニベビーベッド

さらに詳しい情報は公式サイトをご覧ください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

新着・更新記事

新着情報 配信中!


SNSをフォローすると、
新着・更新情報が届きます。

開催中・間近イベント

QooQ