土曜日

ヨガティーチャーに聞いた「妊婦さんこそヨガがおすすめ」の理由とは


ヨガと聞いて、ポーズを思い浮かべたり、運動のひとつとして連想される方が多いかもしれません。

エクササイズの面が注目されがちですが、ヨガには呼吸法や瞑想があり、

そもそもヨガは「人生を生きやすくするツール」  「振り回されて疲れる心のはたらきを静めるツール」。



妊娠中は喜びがある反面、

ホルモンによる心身のアンバランス、不安やストレスを感じやすく、未知の出産への恐怖もうまれ、

心が忙しくなります。

そんなマタニティ時期に、自分自身の体や内面に意識をむける時間を持つヨガをすることで、

想定外のことも「ああ、そうなんだな」

そのままの状況を受け入れられるようになります。

最終的に すべてが愛おしい子供に出会うためのサプライズ であるような意識を育むことができるのも、ヨガの魅力です。

「ポーズ」でからだを整える

妊娠中はホルモンの影響で必要な緩みを準備するため、

骨盤まわりが不安定になり、腰痛や股関節周りの痛みやだるさが出やすくなります。

下半身が不安定なぶん、上半身は肩こりなど緊張しやすくなります。

妊娠中に適したポーズでからだを整えて、心地よい出産を迎えましょう。

ポーズのメリット

  • 運動不足の解消
  • 不調の緩和
  • 妊娠・出産・育児に必要な体力づくり
  • スムーズな産後の回復(体力、不調、骨盤底筋群、体形など)
by いらすとや

深い呼吸でリラックス。出産をスムーズに

出産という一大仕事は誰しもが緊張状態におちいりやすく、呼吸が浅くなることも多いです。

そんなときは、深い呼吸で心と体を穏やかに導くのが有効的。

呼吸はいつどこでも手軽に行える、心身がリラックスする方法です。

妊娠中の不調や不安、出産前の緊張はもちろん、陣痛の痛みに振り回されす、スムーズな出産を行う準備ができます。

産後のあわただしい時期や不安な時にも役立ちます。

深い呼吸のメリット

  • 心身の緊張がほぐれる
  • リラックス効果
  • 陣痛がやわらぎ出産がスムーズ
  • 赤ちゃんに栄養を届けることができる

瞑想で赤ちゃんと対話

瞑想を通して赤ちゃんに話しかけたり、動きを感じたり。

赤ちゃんを想う、つまり「対話」をしながら

ママと赤ちゃんの絆を深めていきましょう。

瞑想のメリット

  • リラックス効果
  • 母性が豊かになる
  • 赤ちゃんを出迎える楽しみや幸福感が得られる

by いらすとや

友達づくり、情報交換の場になる

マタニティヨガの教室に足を運べば、妊娠週数が近い妊婦さんや先輩妊婦さんと知り合うかもしれません。

体を動かすだけでなく、同じ状況の妊婦さんたちと情報交換を行ったり、悩みを話したりできるのは心強いもの。

産後はママ友として付き合える可能性もあるでしょう。

特別イベント開催します!

2018年6月11日
青山ウィメンズプラザ(表参道)にて

イライラ不安、からだ、スッキリ
【やさしいマタニティヨガ】

申込・詳細はこちら

この記事を書いたひと


ヨガティーチャー 大宅菜穂 NAHO

会社員時代に美容と健康のために運動を始めるなかで、年齢や体力、運動経験を問わず、周りと競争しないヨガに魅力を感じる。日々のストレスが軽減し、できなかった動きができる嬉しさ、面白さ、心身の成長に気付く。ヨガは人生を生きやすくするツール、ヨガで皆さんの毎日を豊かにするお手伝いをします。都内と神奈川のヨガスタジオ、スポーツジムで活動中。

資格/経歴
・全米ヨガアライアンスRYT200
・マタニティヨガティーチャー
・美姿勢ヨガ、骨盤調整ヨガ、リンパヨガ資格
・ヨガディープニングトレーニング修了
・雑誌「YogaFit」掲載、モデル、アシスタント等


楽しい、元気になれる。 NAHOYOGA
https://ameblo.jp/yogana/

関連記事

申込受付中!イライラ不安、からだ、スッキリ 【やさしいマタニティヨガ】
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事