バックル式の抱っこひもが苦手なママには、マジックテープ式という選択も

t f B! P L

エルゴvsドイツ製の抱っこひも「MARSUPI(マースピー)」

背中のバックル、止められない~! 手が届かない~!!

抱っこひも・おんぶひもには留め金(バックル)がつきもの。これがなかなかのくせ者なんですよね…

何度も手を伸ばして汗だくになりながら、バックルを外していた時、マジックテープ式の抱っこひも「MARSUPI(マースピー)」に出合いました。


装着してからの微調整もカンタン!

幅広の肩紐と腰紐のおかげで子どもの重さも気になりません。

エルゴのスポーツタイプも持っているのですが、子どもを持ったときの重さは、だいたい似たようなものに感じました。

新生児も、そのまま使える

また、別パーツの購入なしで、新生児期から使うことができます。

これもポイント高いですよね。

例えば、エルゴでは、別売りのインファントインサートが必要です。

マースピーの場合は、股関節を保護するパーツが付属しているので、生後2ヶ月未満では、このパーツを使用します。

その他のメリット

  • 対面抱き・腰抱き・おんぶの3通りに使える
  • オーガニックコットン製
  • 体重15kgまで可能

さらに、本体重量330g(Sサイズの場合)とメチャ軽!エルゴのスタンダードは800gもあるので、半分以下です。

デメリット

いいところだらけの「MARSUPI(マースピー)」ですが、もちろん欠点もあります。

ニットを着たときには要注意

それは、背面にほどこされた大きなマジックテープ。

これが諸刃の剣なんです。

ニットやタイツを着ている時には、気をつけないと、衣類にくっついてしまいます。

装着&脱着時のこと

マジックテープをはがすときのベリベリ音が大きめです。

外すときには、気を付けないと、肩ひもが床に触れてしまいます。

おんぶ

エルゴにくらべ、おんぶはやりにくいです。

昔ながらのおんぶひもが使える方は、問題なく使えると思いますが。

また、肩紐がバスト上で交差するタイプなので、おんぶのときには胸が強調されて少し恥ずかしいかもしれません。

私はもっぱら、対面抱き(だっこ)の時に使っています。

体が硬いとバックルはむずかしい

けれども、それらの欠点を補ってなお、留め金がないというのは魅力です。

「背中のバックルが嫌!」「練習したけど、全然止められるようにならない」というママや妊婦さんには、救世主となってくれるかも。

MARSUPI マースピー PLUS オーガニック

amazonはこちら→MARSUPI(マースピー)

【追記】
赤ちゃんが成長してくる(私の場合は8kg頃)と、身体への負担を感じるようになりました。0才のお出かけには重宝しましたが、大きくなってまでは使えないかもしれません。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

新着・更新記事

新着情報 配信中!


SNSをフォローすると、
新着・更新情報が届きます。

開催中・間近イベント

QooQ