木曜日

【出産】陣痛に付き添いする旦那さんにしてほしくない6つのこと

本来は、旦那さんがいてくれると心強いもの。そのはずが…妊婦さんをイライラさせちゃう?! 自分の体験や、友達ママ、助産師さんに話を聞いて、「コレやってほしくなかったリスト」をまとめました。

寝る

陣痛は短い間隔でやって来るので、妊婦さんは眠ることができません。苦しんでいる目の前で休息することは避け、別の場所へ行きましょう。

漫画や雑誌を読む、ゲームをする

明らかな暇つぶし行為ですね。 他には、スマートフォンをいじり続ける等。こっちは苦しんでいるのに…!あなたは暇でしょうけどね…!と苛立ちメーターが振り切れそうです。出産兆候があって付き添いで病院へ行くとき、暇つぶしグッズをいそいそ準備したりすると、妊婦さんから白い目を向けられますよ。

出産を急かす

「まだ産まれないの?」なんて絶対に言わないでくださいね。お腹の赤ちゃん次第なのですから。

病院スタッフに暴言を吐く

「(妻が)こんなに痛がってるんだから、どうにかしろ!」とくってかかった旦那様がいるとか。深い愛情は感じますが…

騒ぐ

病院の設備によっては、他の妊婦さんが同室していることもあります。他の方も、同じように、苦しんでいる真っ最中。気配りをしましょう。

病院スタッフの指示に従わない

説明を求めるのはいいと思いますが…苦しんでいるときに、横でゴタゴタされていると、痛みがさらに増すような…


基本的にしてほしいことは、落ちついて、そばにいてくれることじゃないかな、と思います。あとは、妊婦さんから「水とって」「こうしてほしい」などの要望があったとき、応えてあげてください。


妊婦さんには、こちらの記事も人気です。

出産準備に関する記事をもっと見る
スポンサードリンク

開催が近いイベント

他サイト新着記事

スポンサードリンク