ベビーシッターも幼保無償化の対象に!補助内容&利用できるシッターサービス紹介

t f B! P L

2019年10月1日から施行の「幼保無償化」では、ベビーシッターの利用も対象になります。

利用料金の補助される条件を、ぜひチェックしておいてください。

補助内容

ベビーシッターは「認可外保育施設」の一つとして認定されます。

幼稚園や保育園・認定こども園に通っていない3歳から5歳のお子さん
→月額3.7万円まで補助

幼稚園に通うお子さんが預かり保育としてベビーシッターを使う 
→月額1.13万円まで補助

0歳から2歳までの住民税非課税世帯のお子さん 
→月額4.2万円まで補助

※幼稚園の預かり保育や認可外保育施設等は、お住まいの市区町村から「保育の必要性の認定」を受けた場合、無償化の対象となります。

「保育の必要性の認定」の要件については、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。

詳細は、内閣府サイトにて
https://www.gov-online.go.jp/cam/shouhizei/youhomushouka/

うちの子の場合は?

政府が作成した、幼児教育・保育の無償化についてわかるサイトがあります。

幼児教育・保育の無償化はじまります。
https://www.youhomushouka.go.jp

具体的にどのような支援が受けられるのか、シミュレーションができたり、制度早わかり表など。

だいすけおにいさんがPRに起用されています。

どこで利用できる?

シッターサービスすべてが補助の対象ではありません。

正式に認定を受けている取扱事業者のみが上記の「内閣府ベビーシッター補助」を受けられます。

いくつかご紹介しますね。

取扱事業者の中でも、一部の認定を受けたシッターのみが対象ですのでご注意ください。

キズナシッター

https://sitter.kidsna.com

【通常の利用料金】入会費・年会費無料。1時間1600円〜

【対応地域】東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、愛知県、福岡県など

幼保無償化のタイミングで、初回利用者向けに、期間限定のクーポンを配布中。詳細はこちら

スマートシッター

https://smartsitter.jp

【通常の利用料金】入会費・年会費無料。1時間2000円〜

【対応エリア】東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県、大阪府、京都府、福島県、兵庫県、大分県、愛知県、福岡県など
https://smartsitter.jp/supported_areas

内閣府ベビーシッター券ご利用の流れ(詳細はこちら

キッズライン

https://kidsline.me/

【通常の利用料金】入会費・年会費無料。1時間1000円〜

【対応地域】https://kidsline.me/search_home

ベビーシッター利用料の割引券について(詳細はこちら
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ブログ アーカイブ

新着・更新記事

スポンサードリンク

イベント一覧

他サイト新着記事

新着情報 配信中!

twitter facebook instagram



サイトの新着情報がリアルタイムで届きます。SNSだけのミニお役立ち情報も♪

友だち追加
新着&更新情報をまとめてお届けします。(不定期・月1〜2回程度)

新着レポート

>> もっと見る

ブログ内検索


掲載希望やママフェスタ登録はこちら

QooQ