火曜日

フォトお守りは万能プチギフト。祖父母にもママ友にも自分にも


以前ご紹介した、お守りが好きな写真で作れる【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】
  手持ちの写真で作ってみたので、ご紹介します!


布製も紙製も、どっちも良い!

布袋タイプと折り紙式タイプの2種類があります。

「生地」布袋おまもり
送料込1000円

「高級紙」折り紙おまもり
送料込600円

まず最初に悩むのは、どちらのタイプにするか、ということでしょう。


左(黄色)が紙製、右(水色)が布製です。

実際に作ってみてわかったのは、
それぞれの良さがあるということ!

布製は高級感があり、
紙製はプリントが一体型できれいです。

また、紙製は全10色とカラーが豊富なので、
写真との色合わせを考えるのがとても楽しかったです。

次は別のカラーで作ろう、と全色コンプリートしたくなりました。

無限に広がる、ご利益えらび

神社などでお守りを選ぶ時には、
「健康長寿もいいんだけど、今は安産祈願が欲しいよ〜…」
と求めるお願い事が無いこともあります。

開運招福・安産祈願・無病息災・家内安全・商売繁盛など、よりどりみどり♪

お願い事を自由に入れられるのも
このサービスの楽しいところです。

上下2つのスペースに文字入れができるので、
片方には、面と向かって言うには照れくさい感謝の気持ちをいれてみたり。


全然思いつかないっ!という場合には、
ゆうずうさん公式サイト内のこちらのページをぜひ参考に。

メッセージ一例
http://omamori-japan.net/template.pdf


お願い事からメッセージまで、カテゴリに分けて、100を超える例があります。

おばあちゃんへプレゼントした時

早速、祖母へ贈りました。


ミニサイズの封筒に入っていて、まったく、かさばりません。

荷物が多くなりがちな赤ちゃん連れ・子ども連れの身としては、このサイズ感もありがたい!

そばで見ていた子供が、お守りに自分の写真がプリントされているのをふしぎに思ったようで

「なにこれ〜?」と聞きました。

私が説明する前に、祖母が「●●ちゃんが、おばあちゃんのこと、守ってくれるんだよ」とニコニコで答えていました。

うちの子にそんな大層なチカラがあるはずもないですが(笑)

お守りだからこそのとらえかたですね。

心強く感じてくれるならうれしいと思いました。

お財布に入れてみた

バッグや鍵などにキーホルダー代わりとしてつけるだけでなく、

透明ケースから出すと、お財布のカード入れにも忍ばせられます。


お守りは約1年間で役目を終えるといいますが、

内符のお清め塩を取り出せば、写真がプリントされている袋は、お焚き上げをせずにアルバムのようにストックしても良いとのこと。

ママ友にも気軽なプレゼント

ママ友への贈り物も意外と悩みどころ。

個人の好みをまだよく知らなかったり、
値段が張っても気を使わせてしまうし…

結局いつも、食べ物とか日用品などの消耗品に落ち着いてしまって
プチギフトは難しいなぁと苦手感ばかり募るのですが、

「フォトお守りはピッタリかも?!」と思いつきました。

写真がいつでも撮れる時代ですから、
自分の子だけでなく、
友達の写真もフォトライブラリには保存されています。


手持ちの写真を使って、
こっそり作ってみました。

「びっくりした!
めっちゃ嬉しい!
ありがとー♪」

と、こちらが嬉しくなる反応をもらえました。

何から何までちょうどいい

サービスを知った時にも「これはいい!」と思ったのですが、作ってみたらさらに「良すぎる!!」と惚れ込み度がアップしました。

他では手に入らない唯一無二のもの。

単なるフォトグッズではなく、お守りというのがいいんです。

お願い事やメッセージに、贈る相手を想う気持ちを存分に込めることができました。

紹介したのはこちら


オリジナルお守りWEB作成サービス【新・おまもり 融通“ゆうずう”さん】

この記事を書いたひと


ママ記者:taco

1児のママ。ゆる〜い子育てスタイルが、周囲のママさん達に「励まされる」と意外にも好評?

ママ記者による記事

スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事