木曜日

エコー写真のデータ化もしてくれる「おなかのフォトブック」6月末でサービス変更


エコー写真からフォトブックを作れる、カメラのキタムラ「おなかのフォトブック」

エコー写真を残しておくのにピッタリのサービスです。

6月28日からサービス内容が変わってしまうので、そのお知らせもかねてご紹介します。

店頭でサンプル品を見てきました。

こちらが片面リングタイプ

これが両面印刷タイプです。

6月28日からは、大きく2つのことが変わります。

変更点

  • 片面リングタイプの廃止
  • 22ページ(写真21ページ)固定となり、ページの追加ができない。(今は、15ページ・16ページが標準で、追加料金を払えばページ追加が可能)

(この店舗では7月1日からの仕様変更となっていました)

中身

片面リングタイプ


両面印刷タイプ


両面印刷タイプも片面リングタイプも、印刷紙はどちらも同じ。

片面リングタイプのほうが写真サイズ大きめです。

店頭のサンプルのエコー写真は、くっきりしていましたが、これは実物に左右されるそうで、ぼやけているエコー写真がサービスによって鮮明になることはないそう。

メリット

  • 原板(実物のエコー写真)は返却されます。
  • エコー写真をスキャンしてデータCDにしてくれます。(300dpi)
  • エコー写真の余白に記入した文字なども、希望すれば残せるようです。ただしエコー写真の印刷サイズが小さくなります。

フォトブックを作るだけでなく、データ化も行ってくれるところが素敵です。

エコー写真は感熱紙に印刷されているので、熱に弱いです。唯一無二のものですから、信頼できるサービスを利用したいところ。

その点、これはエコー写真向けのサービスですし、店舗でのやりとりができるので安心して選べると思いました。(全国に店舗があります)

ちなみに、カメラのキタムラは、写真館スタジオマリオと同系列です。ベビー・子供向けのサービスが充実しているのも納得。

片面リングタイプがなくなり、ページ追加もできなくなるのはちょっと残念ですね。

現状サービスが良い方はお早めに申込を!

詳細はこちら

おなかのフォトブック|カメラのキタムラ
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事