木曜日

食事エプロンはシリコン派。ティーレックス スマートビブ愛用です


食事エプロンは、ビニール製・タオル地・布製(ビニールコーティング)など、いろいろありますね。

数種類使ってみましたが、シリコン製のものが一番使い勝手がよいと感じました。

数あるシリコン製食事エプロンの中でも、利用していたのは「ティーレックス スマートビブ」です。


ティーレックスは南アフリカ共和国にあるバンボ社全製品の総輸入販売元です。

バンボベビーソファでもおなじみですね。


バンボ ベビーソファ (バッグ・専用ベルト付き)

気に入って2つ購入しました。(ひとつは実家に置いておく用です)

【商品リンク】

シリコン製の食事エプロンのメリット

  • 乾きやすい
  • シミがつきにくい(洗えばキレイになる)
  • 受け皿に厚みがあるので、食べこぼしをキャッチしやすい

特に、旅行の時などに重宝しました。

水洗いして干しておけばすぐに乾きます。

布製の食事エプロンと違って乾きやすいので、旅行中でも替えの食事エプロンを持たずに済みました。

汚れた時には、食器用洗剤をつけて食器のように洗います。水洗いだけでも可。

布製だと油汚れやシミが布地に染み込んでしまいますが、シリコン製は汚れがつきにくいです。

食べこぼしに関しては、布製より断然すぐれています。



床や洋服も汚れにくくなりますので、食事後の後始末のストレスが多少軽減されます。

液体もキャッチしてくれます。(後片付けするときにこぼさないようにご注意!)

困ったところ・難点

持ち運び時にはややかさばります。

やわらかくて丸めたりもできるので、思ったよりは場所を取りません。ですが、布製にくらべれば体積があります。



ただし、洗い替えがたくさん必要ないので、旅行時などに何枚もの食事エプロンを持っていくことを考えると、省スペースになる場合もあるでしょう。

切れ目が入ってしまうと、このように裂けてしまいます。



また、子供が自分でつけることは難しいようです。
1人で脱着をやらせたい場合にはマジックテープ式がいいみたいですね。


3段階調節。最近ひさしぶりに使ってみたら(3歳過ぎ)真ん中のボタンで平気でした。サイズアウトするまではまだ時間がありそうです。

紹介したアイテムはこちら


Smart Start スマートビブ イエロー【楽天24】【あす楽対応】[Smart Start(スマートスタート) お食事エプロン]
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事