金曜日

川上未映子さんのエッセイ『きみは赤ちゃん』を読めば、出産・妊娠を疑似体験できる気がした。ネタバレあり


2014年7月に発売された妊娠出産エッセイです。

できたら、こうなった! 妊娠から出産までに経験したこと、感じる&考えたこと。すべての女性&男性におくる体験記。(本の話webより引用)

『乳と卵』で芥川賞を受賞した川上未映子さん。

2013年に男の子を出産しています。

旦那様は、同じく芥川賞作家である阿部和重さん。

妊娠と出産、産後の経験をつづった本が『きみは赤ちゃん』なのです。


きみは赤ちゃん [ 川上未映子 ]

出産編と産後編の2部構成です。

前半・出産編
妊活~マタニティライフ~出産

後半・産後編
新生児~1歳になるまで

出産編はCREA WEBで連載されていました。出版後は連載の一部だけを公開しています。

一部をネット上で読めますよ。
きみは赤ちゃん|本の話WEB

刊行を記念した「川上未映子さんの出産・育児お悩み相談室」もネット上で読めます。

芥川賞作家。

彼女の著作を読むのは、これが初めて。

ページをおそるおそる開いてみると…

親しい友達からのながーいながーい手紙のような、そんな文章がありました。

くどいと感じる時もありますが、それがますます、おしゃべりを聞いているみたいで。

by いらすとや

この本に書いてあること

  • 妊活?
  • つわり
  • 出生前検査
  • 無痛分娩
  • マタニティブルー
  • 帝王切開
  • 産後クライシス
  • ベビーシッター、それにかかるお金のこと
  • 保育園

私がフムフムと読んだ個所をピックアップしてみました。

とにかく内容の濃いエッセイなんですよ!

妊娠・出産で立ちふさがる困難を順当(?)に体験しています。すごい。

無痛分娩の入門書として

無痛分娩を選択するまでの葛藤から、

その費用、

無痛分娩の専門の産院のこと、

出産のときにはどんなふうに無痛分娩が進められていくのか…。

無痛分娩エッセイとしても(でも子宮口が開かずに帝王切開になるのですが)読みごたえがあります!

夫婦の気持ちのズレ(産後クライシス)

マタニティ―ブルーも含む。

夫である阿部和重さんとの気持ちのズレが、

妊娠中も出産後も、こまかく書かれています。

旦那さんにイライラする原因の中には

「自分の子どものことなのに無関心っぽくない? 私ばっかり考えているみたいじゃない?」

というものがあると思います。

by いらすとや

妊娠中の川上さんが、阿部さんにキレたエピソードをひとつ紹介します。

妊娠○か月の赤ちゃんがどういう状態なのか知りもしない。インターネットで調べればすぐわかるのに、それをしようともしない!

これ!!

すごくわかります!!

今では「うんうん、そうだよね~。イラッとするよね~」と流せますが、

リアルタイムだったら旦那さんに「このページを!今すぐ読みなさい!!正座して!!」と突きつけると思います。(こんな嫁いやだ)

一方で「今はお腹の中でリンゴくらいの大きさらしいよ♪」と報告してくるプレパパさんもいるでしょう。

それで満足するかっていったら…違うんだなあ…(どういうことだよ)

逆にそれがイライラする人もいるみたいですしね。

妊婦&産婦はむずかしいんです。

帝王切開こそ究極のお産だ

恥ずかしながら、帝王切開については無知でした。

その産後の壮絶たるや…

そうだよね、自然分娩後の痛みをカロナールでしずめられない(私の実体験)のに、

お腹を切った痛みがロキソニンでおさえられるわけありません!

しかも、傷がふさがるまで休むこともできず、活動しなくちゃいけないんですからね。

拷問だよ…これ…

帝王切開のくだりを読んだときには想像だけで痛くなりましたよ。

帝王切開を乗り越えたママさん、すばらしいです。偉業です。

この本をおすすめしたいひと

  • つわりのひと
  • 無痛分娩に興味があるひと
  • 嫁の気持ちがわからなくて困っているひと
  • 帝王切開の予定のひと

悩みがいっぱいでつらくなっているひとにも

川上さんは、いろいろなことに悩み、それをひとつずつ丁寧に書いています。

私も小さなことに悩みました。でもそれを話すことって、なかったんですよね。

妊婦さんや産後ママの感じる、でも置いてけぼりになってしまう気持ちが、この本にはしっかり書いてありました。

「こんなことに悩んでいるのは私だけ? 私が考えすぎ?」

そんな孤独感がやわらぐかもしれません。

by いらすとや

最後に

共感できない個所もありましたが(私もつわりは重かったのですが、彼女との感覚はまったく違いました)、それは個人の体験なのだから当たり前ですね。

芸能人ママの妊娠出産エッセイに比べると、無難じゃないところもあるので、好き嫌いがわかれそうです。

私には読んで良かった!と思える一冊でした。

妊娠期も0歳期もすでに過ぎました。この頃は遠い昔のように感じていたことが、この本を読んでいると鮮明によみがえってきました。

妊娠から出産、その後の育児のことまで追体験できます。

友達が妊娠したらプレゼントしたいです。
スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事