水曜日

赤ちゃんがごろっと寝転がれる。和カフェchano-ma(ちゃのま)へ行ってきました。


今年の四月頃、和カフェ「chano-ma(ちゃのま)」へ行ってきました。



おうちのようにくつろげる空間…ということで、「茶の間」→「ちゃのま」→「chano-ma」という名前なのだそうです。

Chano-ma(チャノマ)代官山店は、東京こども星☆レストランでも紹介されている、赤ちゃん&子連れにうれしいレストランです。

こあがりスペースでは、ベビーチェアを使えない赤ちゃんが寝転がれます。


チャノマ公式|良くあるご質問とお返事
→ベビーチェアのことや、予約のこと、離乳食のことを答えています。

今回行ってきたのは、代官山店ではなく、その系列店である、【和カフェ yusoshi chano-ma(ワカフェ) 立川】です。

行く前に検索をして調べたのですが、あまり情報が出てこなかったので、自分でもレポを書くことにしました。


駅ビルのルミネの中にあります。

立川店は、赤ちゃん向けカフェと宣伝しているわけではないのですが、赤ちゃん連れが多かったです。小さなお子さん連れのお客さん(主にママさん)も多いです。

平日だからかもしれません。

入口に、ベビーカーをまとめて置くスペースが作られていました。

こあがりスペースあり!


チャノマの特徴の一つとして、「小上がり(靴を抜いて上がるベット席)」があります。座敷に変わるものですね。立川店にもありました。

意外と、地面から高い。よっこいしょ、って上る感じです。

クッションは、厚めで、フカフカしてそうです。

テーブルは低くめです。座敷にそのまま、足なしの座卓を置いていました。

テーブル席、こあがり席、どっちを選ぶ?

このとき、子どもは、1歳数ヶ月になっていました。けっこう歩きます。

おそらく、席から下りたがる、テーブルのものをひっくり返すだろう、と考え、こあがり席はあきらめました。座ってみたかったんですけどね。

そして、テーブル席へ。

残念ながら、ベビーチェアはないようです。また、離乳食メニューもありません。

低月齢の赤ちゃんにオススメのお店

チャノマのこあがり席に合うのは、どんな時期だろう、と考えてみました。低月齢の赤ちゃん、寝返りをはじめる前の時期だろうな、と思います。

おとなしい子は、その後も、だいじょうぶかもしれません。

おすわりして、お母さんの横で、おやつを食べている赤ちゃんもいました。(たぶん、月齢6ヶ月くらいで、ハイハイはしない様子でした)

出産したばかりで赤ちゃんはまだ小さいんだけど、どこかカフェへ行きたい!というときに、ピッタリな場所かなと思います。

どっちも受け入れる空気感が心地良い

チャノマは、もともとは居酒屋です。

親子カフェではないので、子連れ以外のお客さんもいるのですが、赤ちゃんを連れたお客さんが多い。

なので、精神的にも気が楽です。(赤ちゃんが全然いない場所に、赤ちゃんを連れて行くのは、慣れないうちは気持ちがしんどいことがありました)


赤ちゃん連れのお客さんと、そうではない、ふつうのお客さんがいる場所。

なかなか貴重な空間です。

完全なる子連れ向け空間だと、そうではない人を閉め出すというか、閉塞感があるような気がします。(あくまで私の意見ですが…)

それはそれで居心地がいいのですが、こういう、半分半分、みんないっしょにいられる、という空間もすてきだと思いました。

出産後、赤ちゃんがまだ小さい時期に、以前からの友達をランチやカフェを楽しむのに、ピッタリのお店ではないでしょうか。

店員さんも子連れに慣れていて、にこやかに対応してくれました。

今度は、代官山店にも行ってみたいです。


スポンサードリンク

新着・更新記事

スポンサードリンク

他サイト新着記事