月曜日

両腕にはめる浮き輪・アームリング。プール遊びに大活躍しました


小さい子との水遊びに役立つのが「アームリング」です。


両腕にはめて使う浮き輪です。

私的には、丸型の浮き輪よりもこちらのほうがおすすめ。

まだ泳げなくて、足の届かない場所では、子供をはなすことができず、一瞬も気が抜けません。

でも、このアームリングをつけていると、プカプカ浮くことができるので、ずっと抱っこしてなくても大丈夫。

一人では泳げない子供も自由に動き回れるので、ごきげんです。

丸型の浮き輪のように腕がすぽっと抜けてしまうアクシデントやひっくり返る心配もありません。

コンパクトなので持ち運びもかさばらず、たいていの施設で使用可能です。

腕にはめるだけなのでサイズアウトしにくいのも良いところですね。(購入前に対象年齢をご確認下さいね)

いろんな商品が出ていますが、わが家で使ったものをご紹介します。

こどもは大好き、アンパンマン柄です。

表と裏でイラストが違いました。


いろいろ注意書きが書かれているのですが、特に強調されているのがコレ。

空気をいれると、こうなります。

三角形の空いている部分に腕を差し込みます。水でぬらした状態のほうが腕を入れやすいです。


あとは楽しく泳ぐだけ!

イラスト入りか、スポーツ系か

腰サポートがついている製品(OP(OCEAN PACIFIC) オーシャンパシフィック キッズ アームリング)などもありますが、

シンプルなタイプはイラスト入りのものと、スポーツブランドのものがあります。

イラスト入りは、子供が喜ぶというメリットもあります。まだ水場が怖い子の気分をあげるのにも一役買ってくれますよ。

スポーツブランドの商品のほうがしっかり作られているようです。

わが家は、すぐに壊れても仕方ないかな、と思いつつ、アンパンマン柄を選びました。月に1回程度の使用で、2年以上保っています。

イラスト入りタイプ例

たくさんのキャラクターや柄モノが出ているので、こどもの好きなものが見つかると思いますよ。



アンパンマン アームリング



ソフィア アームリング



インテックス アームリング子供用 ベビー用 アームフロート アームバンド

スポーツブランド例

安全性などを求めるなら、こちら。デザインもシンプルです。

フットマーク FOOTMARKプール ヘルパー ジュニアアームブイ

たのしく水遊びしましょう!
スポンサードリンク

開催が近いイベント

他サイト新着記事

スポンサードリンク