金曜日

サンシャインの穴場スポット?ナンジャタウン子連れ散歩してきた


ナンジャタウンは、池袋サンシャインシティの中にある屋内型のテーマパークです。

公式サイト
http://www.namco.co.jp/tp/namja/

アニメのイベントがいろいろ開催されていることでも有名です。


小さな子供と一緒に行くには向いていないかな? 

と思いがちですが、パーク内の内装が作り込まれているので、散歩するだけでも楽しめます。

サンシャインシティの中にあるという立地の良さ。屋内なので天候を気にせずに済みます。雨でも冬でも夏でも問題ナシ。

また、パーク内には、飲食店やベンチがたくさんあって、休憩するのにも困りません。



ナンジャタウン、けっこうな穴場だと思うので、ご紹介したいと思います。

親子2人で入場料800円

アトラクション遊び放題のパスポートチケットとは別に、入園だけのチケットが販売されています。

入園は「ナンジャエントリー」と呼ばれています。

大人(12歳以上)500円
こども(4歳~11歳)300円

3歳以下は入園無料です。

アトラクションを利用したい時には、園内のナンジャコイン発行機にてアトラクションコイン 「ナンジャコイン」(1枚200円)を購入します。

午後5時から販売されるナイトパスポート(ナンジャタウン入園券+アトラクション遊び放題)も、大人1,800円 こども1,500円となかなかリーズナブルですよ。

ちなみに、ナンジャタウンのアトラクションは、クイズ形式というか、幼児には難易度が高め。

3つのエリア

パークは、それぞれに特色のある3つのエリアで構成されています。

街並みの中にしかけもあって、それを探していくのも楽しいですよ。

ドッキンガム広場


おとぎの国のような、かわいらしい雰囲気です。私も見ていて楽しい。



巨大な肉球!




さわれますが、接着してあるので取って遊ぶことはできません。こどもには安全。

壁のなかにひとつだけ…

まるで本物のパン屋さん。



福袋七丁目商店街

昭和30年代の日本の街並みが再現されています。


縁日っぽい雰囲気もわくわくします。

全国のご当地餃子が売っているフードコーナー「ナンジャ餃子スタジアム」

まるで映画のセットに迷い込んだよう。三丁目の夕日の世界ですね。




もののけ番外地

お化け屋敷のようなエリアです。


「もののけたちに乗っ取られた街」というコンセンプト。

おどろおどろしいので、こどもは苦手かも。


ビビリの娘は入り口だけで立ちすくみ、中には入れませんでした(^^;)


休憩タイム

福袋七丁目商店街エリアには、全国各地のご当地餃子を販売する「ナンジャ餃子スタジアム」や、スイーツ類がいろいろある「福袋デザート横丁」があります。


お店とは違ってオープンなので、さっと注文して、さっと食べられる手軽さが、子連れには便利です。

Santa CHUBO!(サンタチューボー)にて。以前は恵比寿で開業していたお店だそうです。

生キャラメルナッツパフェ 600円

町村牛乳ソフトクリーム 400円

園内のあちこちにはベンチもたくさんあります。


再入園もできるので、食事はちょっとパークの外へ、ということも気軽にできます。(最終入園は21時まで)

再入場について詳細はこちら

特設コーナー

このときは、ドッキンガム広場のレッド・サロン(多目的スペース)で、うんこドリルによる「うんこ漢字タウン」をやっていました。


イラストが意外にかわいい…

さわって楽しめるブースや、うんこ型のふうせんを作れるワークショップなどに参加してきました。


ペットに…

メガネにも。何も見えない。

ワークショップで作った風船です。4歳にはちょっと難しかったですが、スタッフさんが手伝ってくれました。

出入り口付近にあったフォトスポットにて。

最後に

入場料(あとは飲食費)だけでめいっぱい遊びました。(1時間20分ほど)

催し物によっても変わると思いますが、フードブースはサンシャインシティの飲食店より空いている気がします。

食べ物のお値段は、レストランと同程度か、むしろ安いことも。

休憩するために入園するのもアリかなと個人的には思っています。(4歳未満は入場無料ですし)

娘はいま4歳ですが、もっと小さい子もノンビリ歩いて楽しめると思いますよ。

紹介したのはこちら

ナンジャタウン
http://www.namco.co.jp/tp/namja/

池袋周辺のお出かけ情報

スポンサードリンク

開催が近いイベント

他サイト新着記事

スポンサードリンク